相変わらずのルネサンス歌謡特集

☆さくら村合奏団 春公演☆
2007年5月27日(日)
14:00開場/14:30開演

東京農業大学第一高等学校物理実験室
入場無料/コンサート後の飲み会も無料♪
ルネサンス歌曲:
Pierre Certon “La la la, je ne lo”
Lupus / Pierre Certon “Je suis d?sh?rit?e”
Palestrina “Vestiva i colli”
Giovanni Gastoldi “Amor vittorioso”
Claudin de Sermisy “Josiante vocis” “Tant que Vivray”
Cl?ment Janequin “La plus belle de la ville”
Pierre Passereau “Pourquoi donc ne fringuerons-nous?”
バロック室内楽:
テレマン Trio F-Dur/ Trio e-moll
ヴィヴァルディ Sonata/Concerto g-minor
メンバー:さくら村合奏団
中野仁礼(村長/管楽器全般・バス)  菊池れい(ヴァイオリン)
北村貞幸(チェロ) 今西香菜子(オーボエ)
長竹 新(リコーダー・テノール) 井本 励二郎(チェンバロ)
黒川英里(チェロ) 鴨原正博(ヴァイオリン)
鈴木美緒(ソプラノ) 
小阪亜矢子(メゾソプラノ)
かのうよしこ(アルト/テノール)
賛助出演 江崎 浩司(ファゴット)
今回は計画の初期段階で器楽隊が全滅の危機!ということだったので、声楽アンサンブル中心でいこう!という内容になりました。やっぱり古いものになればなるほど音楽=声楽だよね!ということもあって、念願の?声楽アンサンブル特集! 新たに小阪を引き入れて楽しんじゃいます♪
おなじみのセルミジ、ジョスカン・デ・プレから、今回はイタリアものまで手を伸ばします。こないだ初リハでしたが、皆慣れて来てて、かなりいい感じのリハでした♪♪ まだ練習日があるので、楽しみです。高校生のチェンバロくんとリコーダーくんがいるのですが、こんな若いときから歌とのアンサンブルがうまいってどういうことだー!すごすぎるぞー!というわけで、環境ってのは恐ろしいもんだと思います。
そしてまさかの賛助出演者…二度目のご登場という事で…一体全体この団体はどうなんてんだろう?というメンツでございますwww 江崎さんのファゴットって…これだけでも来る価値アリですよ皆様…
それでは皆様、恒例の物理室でお会いしましょう☆
追伸:
仏語の特殊文字が出ないなぁ…なんでやろ? すみませんみなさん。
eの上にダッシュついてるアレです。はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。