漬物第一弾、なんとか終了!!

沢山の方が来て下さいまして、なんとか終了。
色々、色々あって、反省したり凹んだりしましたが、とにかく今回一つ自分を褒めてやりたいのは、かなり酷いコンディションだったのをなんとか最低ラインクリアまでにはもっていったことです。1年前はそれも出来なかったから、とにかく、それだけは成長したと思う。
私は今回10曲以上歌ってとにかく出ずっぱりだったもので、なんというか、色々なことをいろんなひとから言われました。数少ないお客だった「現大学のしかも歌科の人」が最も吃驚しており、面白かったです。まー大好きな人達に囲まれて演奏できて、上機嫌じゃなかったら嘘ですよね(笑)。
今回やってて一番楽しかったのは、実はコンバス+ソプラノサックス+声でのインプロビゼーションでした。ははは。
ココロよりの感謝を、今回このライブに関わって下さった皆様へ、愛をこめて。
(録音聴いていて凹むのは楽譜見てるのに間違えている事実……所詮ド近眼に譜面みて歌うのは無理なのか……)

漬物第一弾、なんとか終了!!” への3件のフィードバック

  1. どうもお疲れ様でした。力強さと繊細さを兼ね備えた歌の数々、お金払って純粋に聴衆として楽しみたいと感じたくらいでした。こういう贅沢な企画に参加させてもらえて光栄です。ぜひまた面白いことをやりましょう。それから、リサイタルなどあるときは聴きに行きますのでお誘い下さい。

  2. 「声の漬物」に出演する。

    「声の漬物シリーズ1」無事終了。 前半は「武満徹の旋律による、歌への試み」。表面的な印象はポピュラーソングっぽいが、詞にも曲にも深みがあって、これはたぶん、都市化・工業化・機械化が進む現代日本において、敢えて「民謡」を成立させようとする創作実験を意味

  3. トラックバック拝読させて頂きました。また色々考えさせられました。今回は河崎さんの意向もあり、考えて考えて考え抜いた結果こうなったんだよ、みたいな過程を、私や河崎さんは公的に口にしない、というスタンスだったので、大岡さんがスパスパっと、明快で客観的な論評をしてくださったのが、とても有り難いです。
    無論わたしの勉強不足たるや神をも恐れる始末でしたので、何も喋らなくて正解とも言えますが(笑)。
    音楽畑でない方からの、音楽への感想もとても興味深いです。色々わかって聴く、わかって奏する、わからずに聴く、わからずに奏する――どの立場もいて当然だし、特に今回については知っている人と知らない人の差が激しいわけで、混在が自然だと思いますから(笑)まぁ、バランスの良いライブになったのではないかと思います。
    本当にお疲れさまでした。参加して下さって有り難うございました! また一緒に何か作ってやってください!!(そして共に食べまくりましょう!!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。