スコラ・カントールム定期演奏会

スコラ・カントールム第18回定期演奏会
2009年3月28日(土)
武蔵野市民文化会館小ホール
開場18:00/開演18:30
チケット:1500円
演奏曲目
オルランドゥス・ラッスス
宗教的マドリガーレ「聖ペテロの涙」全曲
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
「主は言われた」HWV232
出演
ソプラノ:朴瑛美
ヴァイオリン:桐山建志・大西律子・鍋谷里香・磯田 ひろみ
ヴィオラ:上田美佐子・長岡聡季
チェロ:高群輝夫
コントラバス:櫻井茂
オルガン:今井奈緒子
チェンバロ:水永牧子
合唱:スコラ・カントールム
指揮:野中 裕
——————
そんでもって、Dixit Dominusではアルトソロをやらせてもらえることになりました。チケット欲しい方は仰っていただけたらお譲り出来ますので仰ってくださりませ。久々にバロックで本番だよぅ。しかもDixitは昔々にやっていて、合唱はロックでかっこいいし、二重唱がとてもとても大好きなので憧れでございました。やっぱヘンデルの若い頃は超カッコイイですよね。
そしていつもお友達になるまで大変なイタリアン…同じ大変さでも、前回のシュッツとラッススだと…腑に落ちるまでかなり時間差があるんですよね…多分。今はまだかなり頑張って練習中ってかんじ。。。本番までまだ3ヶ月もあるので、がんばろう〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。