トルコ~ギリシア エーゲ海へ音楽の旅

トルコ~ギリシア エーゲ海へ音楽の旅
9月19日(金) ¥2000
open/18:30 start/19:30
FJ,s Bar (東横線祐天寺最寄)
40min × 2stages
出演
大平 清/サズ&ウード演奏,歌
イスタンブールとブルサでサズを学ぶ。ウードは常味裕司氏に師事、ブズーキはアテネでヤニス.ブクバラス氏に、ドタールはウメルメメット氏に師事。トルコ大使館主宰コンサート、唐招提寺平成大修理金堂立柱式、ギリシア劇エレクトラ3部作、NHK.BS「ビザンチン帝国」などで演奏。「新オリエント楽派」主宰、トルコ中央アジア文化センター音楽担当講師。
かのうよしこ/アルト,打楽器
青山学院大学史学科日本史専攻、東京藝術大学声楽科卒業。コンサート企画、制作、演出、マネジメント、人材仲介、うた、ヴォーカリーズ、朗読などで活動中。さくら村合奏団、スコラ・カントールム、Duo Dormeuse各メンバー。音楽史研究会会員、たいとう歴史都市研究会会員。現在京都造形芸術大学通信教育部デザイン科ランドスケープデザインコース在籍中。
今西 香菜子/オーボエ・バロックオーボエ
13歳でオーボエを始め、これまでに畑中正子、本間正史、柴山洋に師事。桐朋学園大学及び同研究科卒業。ジョナサン・ケリー、リチャード・ウッドハムス、若尾圭介のマスタークラスを受講。バロック・オーボエを本間正史に師事。在学中現代音楽演奏会「i-contemporary」に出演。2006年ファゴット奏者水間博明と競演。現在指導、室内楽等で活動している。
——————
大平さんに誘われて、トルコ語やギリシャ語の歌を歌うことになってしまいました…以前トルコものを2曲ほどやったことがあるんですが、独特の節回しと独特のリズムで、新しい世界だなぁという感じでしたが、今回はエーゲ海まで突き進んで、もう全く見たことのない文字とかを歌わなければなりません(笑)まだトルコ語ってちょっとドイツ語とロシア語の間の子みたいな感じなんですけど、ギリシャ語はなぁ…さすがに手をつけたこともない言語なので、戸惑いを隠せません(笑)
ウードやサズ、バロックオーボエなど、普段見慣れない楽器が多いので、そういうの興味のある人にはお勧めです。久々に東京での本番です。是非おいでください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。