木部与巴仁×酒井健吉による室内楽劇「海の幸」

kitara音楽研究所主催
第五回演奏会
2008年8月22日(金)
18時開場/18時30分開演
室内楽劇「海の幸」青木繁に捧ぐ
作曲/酒井健吉 詩/木部与巴仁
於:旧香港上海銀行長崎支店記念館 多目的ホール

長崎市松が枝町4-27
tel:095-827-8746
入場料1000円(全席自由)
出演
朗読/木部与巴仁
アルト/かのうよしこ
ヴァイオリン/戸塚ふみ代
オーボエ/下田梢
ピアノ/岩永宣子
打楽器/福田祥一
電子オルガン/川元慶子

kitara音楽研究所より、ご挨拶
心を豊かに、強くしてくれるもの。優しさを与え、弱くても、そこに美を感じ取らせてくれるもの。それが音楽であり、美術でしょう。kitara音楽研究所の第五回演奏会は、かけがえのない絵を残した画家、青木繁に捧げる室内楽劇「海の幸」を初演致します。福岡県久留米市に生まれた青木は、東京で画家としての活動を始めますが、数年で九州に戻って放浪の日々を送り、福岡で逝去します。わずか29年の生涯でした。しかし彼の人生と作品は、私達後の世の者にとって多くの示唆と刺激を与えてくれます。kitaraならではの音楽様式である室内楽劇により、九州に生まれて死んだ青木繁の一生を歌い、奏でることは、私どもの勤めであろうとさえ思います。ぜひとも、お運びくださいますよう、お願い申し上げます。
****************

…というわけで、7月の那須公演に引き続き、8月は長崎へ旅公演です。
長崎なんて修学旅行以来行っていませんよーーー。でもちょっとわくわくです。旧香港銀行も、とても雰囲気のある建物だそうです。
自分は全く青木繁と関わりが無かったのですが、お話を頂いた時に「あ、遂に九州が来た」って思って、即諾しました。というのも、私の血の半分は博多産だからです。後から聞くに、青木繁は29で博多で逝去したとか。をを丁度今の自分と同世代じゃないの!という偶然も重なり、やっぱり縁があるのねぇと思っているところです。
これを機会に、九州でも呼んでもらえるように頑張ります(笑)。
けんきつくーん! 楽譜待ってるよ!!

木部与巴仁×酒井健吉による室内楽劇「海の幸」” への4件のフィードバック

  1. こんばんは。
    昨夜はお疲れ様でした。オルガンの川元慶子です。
    かのうさんの歌、素敵でした…。
    拙いオルガンと共演していただいて感謝いたします。
    また、何かご縁がありご一緒できたら嬉しいです。

  2. >みょん
    長崎は、今日も雨でした…☆
    雷雨の海は初体験でございました。リアルに、怖い(当たり前だっつーの)
    >川元さん
    お疲れ様でした! こちらこそ拙い演奏で申し訳ないです。本番はすっごく楽しんだのですが、録音を聴いて悶絶しました…修練あるのみです(汗)
    あ、歌が必要なときは是非呼んでやってくださいね^^またご一緒できたら嬉しいです!!

  3. えっ!?録音があるんですか??
    私も是非聴きたいです~。
    今回はしっかり反省しなくては…です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。