カキョクカフェ #番外編 カキョクカフェでうまれたカキョクたち

20150216_1448514

「ランドスケープとサウンドスケープをカキョクで描き出す」コンセプトシリーズ、初の番外編です。

カキョクカフェ #番外編
カキョクが描くランドスケープとサウンドスケープ、番外編。
カキョクカフェでうまれたカキョクたち。

2015年3月5日(木)
Door Open 19:30 / Start 20:00
予約¥2,700/当日¥3,000(ドリンク代別)

会場:公園通りクラシックス
03-3796-6757
東京都渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会B1F
http://k-classics.net/ご予約はメールにて、コチラまで↓
kano@art.707.to
(アットマークを小文字に直してお送りください)


* * * * * * * * * * *

ランドスケープは、風景。サウンドスケープは、音風景。
作曲家や詩人達が描こうとしたソレは、本物よりもソレっぽく、鮮やかに、匂い立つように、まるで今そこにあるように鳴り、風にのります。

春、水、月、雪、木、森、庭、降誕節。
カキョクカフェ各回のテーマにあわせ、高橋翔吾と根本卓也によって生み出されてきた新作も、いつしか15曲。その全てを一挙再演、最初から最後まで「日本語のうた」。もちろん、お楽しみの初演新作も。

お気に入りの一曲が必ず見つかる。音で描かれた新しい風景、リターンズ!

* *  * *  * *

演奏曲目(予定):
高橋 翔吾「春が来たなら」(2013)
根本 卓也「ひとりぼっちがたまらなかったら」(2013)
高橋 翔吾「湖水」(2013)
根本 卓也「湖上」(2013)
高橋 翔吾「つき」(2013)
根本 卓也「ゆき」(2014)
高橋 翔吾「今日は一日あかるくにぎやかな雪降りです」(2014)
根本 卓也「しあはせについて」(2014)
高橋 翔吾「昨日はどこにもありません」(2014)
根本 卓也「鹿」(2014)
高橋 翔吾「この森を通りぬければ」(2014)
根本 卓也「ひるがえる」(2014)
高橋 翔吾「何処にもない木」(2014)
根本 卓也「クリスマスツリーを育てよう」(2014)
高橋 翔吾「クリスマス」(2014)
根本 卓也「黒い戯画」(新曲初演・2015)
高橋 翔吾「また来ん春……」(新曲初演・2015)

* * * * * * * * * * *
出演:
かのうよしこ(vo/企画・構成)
青山学院大学史学科日本史専攻、東京藝術大学声楽科卒業。現在京都造形芸術大学ランドスケープデザインコース在籍。音と通信の波形の襞に寄り添って生息中。2013年より「カキョクカフェ」主宰。様々な風景を古今東西の歌曲で描き出すプログラミングを続けている。現在、たいとう歴史都市研究会会員。日本サウンドスケープ協会会員。庭園サウンドスケープワーキンググループに参加。WirelessWireNewsにて「シグナルとノイズの境界線」連載中。

高橋翔吾(pf/作曲)
東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程(作曲専攻)修了。在学中に安宅賞受賞。アンサンブルの作編曲を中心に、iPhoneアプリのサウンドデザインにも携わるなど、“音”の需要があるところに出没。主に机の上、たまに人の前で活動する。クラシック、現代音楽、ライヴ、と発表の場はさまざまで、場所や演奏者によってできあがるものが大きく変わるので、“本当のところ”は自分でもよく分かっていない。御殿場発・東京/仙台経由・行先不明のアコースティック・バンド「RAIN CATS & DOGS」メンバー。(社)日本作曲家協議会会員。くだらない方→@shogonotweet まじめな方→http://shogonoid.tumblr.com/

根本卓也(作曲)
東京藝術大学大学院修士課程(指揮専攻)修了。大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で、通奏低音(チェンバロ・オルガンによる即興伴奏法)のディプロマを取得。中世のグレゴリオ聖歌からバッハ、モーツァルトに至るまで、様式を踏まえた演奏法を習得し、帰国後も、演奏・指導の両面で盛んに活動の場を広げる。現在、新国立劇場オペラ部門音楽スタッフ(副指揮者・プロンプター)として年間を通して公演に寄与する傍ら、サックス・歌とのトリオ《Nemo Concertato》での自作曲を含むチェンバロでの即興演奏など、ジャンル・時代を自由に行き来する音楽活動で注目を浴びつつある。

白沢達生(企画協力)
明治学院大学文学部英文学科を卒業後、青山学院大学大学院にて西洋美術史を専攻。19 世紀フランスにおける17 世紀オランダ美術(室内風俗画)の評価変遷を研究。音楽雑誌編集をへて、2004年より音楽ソフト輸入販売へ。そのかたわら翻訳業務(仏・伊・英・蘭・独など)も行い、アートマネージメントを通じてのコミュニケーション・文化交流の可能性を模索している。

辻中浩一(プログラム、バナー)
グラフィックデザイナー。主に書籍や紙媒体におけるエディトリアル・パッケージ等のデザイン,アートディレクションを行っている。黄色くて丸いもの愛好家。ウフ主宰。

http://oeuf.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。